TEL.052-933-4680

TEL.052-933-4680

虫歯治療

なぜ虫歯になるのか

虫歯は、[歯の質] [虫歯菌] [糖分] [時間] の4つの原因が複雑にからみあってできます。
歯の周りにいる微生物(主に歯垢)の中の悪玉菌が増えると虫歯になりやすくなります。
菌の栄養源となる糖分で歯を溶かす酸を作り、この状態が続くと歯が溶けて虫歯になります。

虫歯の治療

  • C0, C1

    ごく初期の虫歯は、酸により溶け出した成分が歯の表面に戻る再石灰化により自然治癒が期待できる為、歯質を強化するフッ素塗布などで、再石灰化を促します。
    エナメル質まで達した場合は、必要最小限を削り、白い詰め物を充填します。

    自費の詰め物は審美歯科へ >

  • C2

    むし歯が進行し穴が開いてしまった場合は自然治癒は期待できません。虫歯になってしまった部分を削りとって、保険治療の場合、レジンや金属等のつめ物で補います。

    自費の詰め物は審美歯科へ >

  • C3

    むし歯がさらに進行して神経や血管が入っている部分にまで細菌が侵入すると強い痛みを感じます。また神経の無い歯でも根の先まで感染が及ぶとひどい痛みや腫れが生じる事があります。そこで感染物質を除去し、根管をきれいにする為に根管治療が必要になります。
    保険治療の場合は硬質レジンや金属の被せ物をします。

    自費の詰め物は審美歯科へ >

  • C4

    歯のほとんどが無くなり、根だけが残っている状態です。治療できる歯質が残っていれば、C3のケースと同じように、根管治療を行います。
    症状によっては抜歯になる場合もあります。抜歯後は、保険治療の場合、ブリッジや入れ歯で補います。

    自費の詰め物・オーダーメイドの
    入れ歯は審美歯科へ >

虫歯にならないために

虫歯の原因となる4つの条件(歯の質,細菌,糖分,時間)を解消する事がそのまま予防につながります。
歯垢(プラーク)は毎日の正しい歯磨きで取り除き、セルケアでは取り除け無い部分は、歯科医院でプロの手に任せ取り除くようにします。
また唾液は抗菌作用と緩衝作用があり、むし歯によって作り出された酸を中和し、歯を修復させる働きがあります。

予防歯科へ >

歯周病治療

  • 歯周病とは

    細菌が引き起こす歯の周りの炎症疾患です。
    日本人の成人の約80%以上がかかっていると言われる
    生活習慣病で、日本人が歯を無くす原因のトップの病です。
    歯周病は「沈黙の病」とも呼ばれ自覚症状の無いまま進行していきます。

歯周病と全身疾患の関係

最近の研究では歯周病は全身の様々な疾患と深く関係し、悪影響をおよぼす事が明らかになってきました。
歯周病予防や、早期発見を心がける事がとても大切です。

予防歯科

  • 当たり前のように毎日行っている歯磨きですが、きちんと磨いているつもりでも磨き癖があったり、お口に合った歯ブラシが選べていなかったり、フロスや歯間ブラシなどの有効性の認識不足などで、多くの場合磨き残しがあります。
    まずは毎日の歯磨きでしっかり歯垢(プラーク)を取り除く事を心がけましょう。
    ご自身だけのケアでは取りきれない歯垢(プラーク)や歯石を、定期的に通院していただき、プロの手で除去します。ご自身にあった歯磨きの方法や道具の選び方を身に付けていただく為に、ブラッシング指導を実施しています。

    ご自身で行うセルフケアと歯科医院で行うプロフェショナルケア、その両方をバランスよく行うことで、むし歯・歯周病の予防の効果は最大限に発揮されます。

プロフェッショナルケア

  • ブラッシング指導

    お口の中の状態を全体的に検査して、磨き残しのある部分・リスクの高い箇所をチェックし、正しい歯みがきの方法と、フロス・歯間ブラシ等の有効な使い方のお話しをします。セルフケアで効果を出す為にとても大切です。

  • スケーリング

    セルフケアで取り除くことができない歯石を、専門の器具で取り除きクリーニング します。定期的に行うことが重要です。

  • PMTC

    専門の器具・薬剤を使用し歯の表面、歯と歯の間、歯と歯ぐきの間の汚れを落とします。歯の表面がツルツルになり、汚れがつきにくくなります。
    最後にフッ素を塗って歯質を強化します。

入れ歯

  • 入れ歯の不安や不満

    歯がなくなってきてしまったお口の中をどのような治療で、どれくらいの期間と料金で噛めるようになるのかという疑問や不安をおもちの方、また今の入れ歯が合わないまま不満を感じながら毎日使い続けている方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。
    残っている歯や、歯ぐきの状態はお一人おひとり様々です。最適な方法をご提案し、ご納得頂いた上で治療を進めていきます。

入れ歯が出来るまで

  • 1検査・治療

    カウンセリングをして作成前に必要な治療を行う。

  • 2型取り

    歯ぐきに合う入れ歯を作るための型をとる。

  • 3位置決め

    正しい噛み合わせを再現するため慎重に高さや位置を決める。

  • 4試適

    自然に見えるよう歯の並べ方を決める。

  • 5完成

    入れ歯が完成
    装着する。

  • 6調整

    痛いところがないか噛み合わせが良いかなど、何回か調整する。

  • 良い入れ歯とは

    よく噛め、美味しく食事ができ、笑顔で会話を楽しめる、そんな入れ歯作りを
    葵歯科クリニックは目指しています。
    「見た目が悪い」「噛みづらい」「外れやすい」といったイメージが強い入れ歯ですが近年様々な種類の入れ歯が出てきています。保険診療では材料が限られていますが、自費診療では幅広い材料を使用する事ができ、見た目も、使い心地もご満足いただける入れ歯をお作りすることができます。ご要望やご予算によって保険診療から自費診療までご自由にお選びいただけます。

    オーダーメイドの入れ歯へ >

オーラルフレイル(口腔機能低下症)を
ご存知ですか?

フレイルとは筋力など心身機能が低下した状態をいいます。多くの場合、
お口の機能が衰える事(オーラルフレイル)から始まるといわれています。
以下の症状が当てはまるとオーラルフレイルの可能性があります。

  • 硬いものが食べにくくなった
  • 汁物やお茶を飲むとき時々むせるようになった
  • 口の中が乾くようになった
  • 薬を飲みにくくなった
  • 食事をするのに時間がかかるようになった
  • 食べ物が口の中に残るようになった
日常生活におけるお口のささいな衰えを放置してしまうと
心身の活力低下につながっていきます。
定期的に歯科医院を受診されることをおすすめします。

TIME TABLE診療時間

  • ご予約・お問い合わせ

    TEL. 052-933-4680

    診療時間 午前
    午後
      9:30 - 13:00 
    14:00 - 20:00
    休診日
    土曜日午後 ・ 日曜日 ・祝日

    クレジットカードがご利用いただけます。(自費治療のみ)

ACCESSアクセス